白内障手術と先進医療について

より快適な生活をする上で、よく見えることは大きな安心につながります。白内障手術についてしっかりと理解し、ご自分に最適な手術を選ぶことが大切です。

ここではまず基本的なことを理解していただきたいと思います。患者さん一人ひとりの身体や暮らし方に違いがありますので、詳しくは直接当院までお問い合わせください。

白内障とは?

白内障の主な原因は加齢により水晶体がにごり、次第に見えにくくなる病気です。

健康な眼と白内障の眼のイメージ図

白内障手術とは?

白内障手術はにごった水晶体を取り除き,その代わりに「眼内レンズ」を入れる手術です。

白内障手術方法のイメージ画像

眼内レンズの種類

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。あなたの眼の状態や生活に適した眼内レンズを選択するために、その種類とメリット、注意点を理解することが大切です。

単焦点眼内レンズ(保険診療)

術前に決めた距離、一カ所に焦点が合います。手術後は白内障のにごりが無くなるので見やすくなりますが、手元も遠くもくっきり見える訳ではありません。焦点から離れるほど見え方は悪くなります。補正には適正な眼鏡が必要となることがあります。

多焦点眼内レンズ(自由診療/先進医療)

多焦点眼内レンズは遠距離,中間距離、近距離など、複数の箇所に焦点を合わせられるように設計されています。眼鏡やコンタクトレンズの装用が出来ない方、眼鏡のかけ替え頻度や本数を減らしたい方には好ましいといわれています。

単焦点レンズに比べると色の濃淡の識別能力が落ちる可能性があります。夜間のライトのにじみや、その周囲に光の輪を感じることもあります。

単焦点/多焦点 眼内レンズの見え方イメージ図

新しい多焦点眼内レンズの改良点

進化し続ける多焦点眼内レンズ

新しい多焦点眼内レンズでは、中間距離が自然で見やすくなりました。

従来の多焦点眼内レンズは遠距離と近距離の2つの距離にピントが合いますが、さらに中間距離も見たい方には最適です。

ご自身の生活スタイルに適した多焦点眼内レンズを..

中間距離が自然で見やすく

新しい多焦点眼内レンズでは、夜間の見え方が改良されました。

光がまぶしく見えるハロー・グレアやコントラスト感度が低下し、色の濃淡がわかりにくい課題に対応しています。

夜間の運転などで従来の多焦点眼内レンズを諦めていた方にも..

よりよく夜間の見え方が改良

多焦点眼内レンズにも種類があります。

自分に合ったレンズを選ぶために、あなたが見たい距離をお決めください。

眼内レンズの種類による見え方の違い

眼内レンズの種類による見え方の違い

ビジネスシーンでは、様々な距離を見る必要があります。

どの距離を見ることが多いか、どの距離を優先するかを考えてみましょう。

様々なビジネスシーンでの距離の目安

白内障・先進医療の治療費

先進医療とは?

厚生労働省が定める医療技術(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術等)を用いた治療の事です。

先進医療として実施するためには、認定要件を満たし「先進医療実施医療機関」に認定される必要があります。「まつだ眼科」は厚生労働省から認定された「先進医療実施医療機関」として実施しています。

単焦点眼内レンズの場合(保険診療)

保険診療では、年齢、収入に応じて治療費のうち通常7〜9割を国民健康保険や健康保険組合などが負担し、残りの1〜3割を患者さんが自己負担(一部負担金)になります。

多焦点眼内レンズの場合(自由診療、先進医療)

自由診療を受けた時の費用は、その治療にかかわる全ての費用を自己負担することになります。先進医療を受けた時の費用は、「先進医療に係る費用」を自己負担、「先進医療に係る費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬料等)の費用は、一般の保険診療と同様に扱われます。

白内障手術(多焦点眼内レンズを使用)費用(税別)片眼:300,000円両眼:600,000円

保険診療、自由診療、先進医療の比較

日帰り 白内障治療費(患者さん負担の割合)

保険診療/自由診療/先進医療の比較

単焦点眼内レンズ使用の場合

 手術包括されない薬剤等
保険診療1〜3割年齢・収入に応じて1〜3割年齢・収入に応じて
  • 手術水晶体再建術に包括される部分
  • 包括されない薬剤等通常の保険診療と共通する診察/検査/投薬等

多焦点眼内レンズ使用の場合

 手術包括されない薬剤等
自由診療全額負担全額負担
先進医療全額負担*1〜3割年齢•収入に応じて
  • 手術水晶体再建術に包括される部分
  • 包括されない薬剤等通常の保険診療と共通する診察/検査/投薬等
  • 全額負担*民間保険の先進医療特約が使える場合があります。

  • 民間保険の先進医療特約などで、先進医療施術分も保障されることがあります。
  • 先進医療も医療費控除の対象となります。
  • 他、先進医療については次のサイトも併せてご覧ください。

厚生労働省HP医療保険我が国の医療保険について

先進医療実施医療機関